兄にだけは負けたくない

先日、お正月だというので、久々に家族全員実家に集まりました。
実家で食べる雑煮は格別な味で、ついつい食べ過ぎてまい、胃腸薬の御厄介になったものです。
せっかく家族全員集まったのだからと、家族写真を撮ることになりました。
普段は、あまり写真に写りたがらない兄と私も家族写真に納まり、和気あいあいとした正月になり、今年も良い年になりそうだと話し合って別れたのです。
ところが、写真が出来上がったというので、送られてきた写真をみると、どうにも私の頭頂部が寂しい気がするではありませんか。
兄から電話がかかり、ダメ押しの一言を言ったのです。
「歳は3歳違うけど、見た目は兄ちゃんのほうが若い」というではありませんか。
確かに、写真では、兄のほうが頭髪が多いような気がします。
多いような気がするだけで、ちょっと写真を撮る角度が違っただけに違いありません。
兄によりも老けて見えるとは心外です。
これは負けられないと、よく効く育毛剤を探すことにしました。
見つけたのが、プロペシアという育毛剤です。
このプロペシアは、現在、育毛作用がハッキリとわかっている数少ない育毛剤だというではありませんか。
あの信頼度の高いアメリカFDAも認めていて、日本の厚生省からも承認がおりています。
飲み薬なので、1日1錠飲めばいいだけというのですから手軽です。
ところが、このプロペシア、一箱1mg28錠が3箱で23,980円と高額な育毛剤で、気軽に使えるものではありません。
しかも、この23,980円という価格は、これでも割引価格なのです。
普通の勤め人のお小遣い程度では、とても買い続けるのに無理がある価格だとは思いませんか。
ちょっと諦めかけたところに、ジェネリック医薬品があることを知りました。
プロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシアなら、一箱1mg100錠が3箱で8,778円だというではありませんか。
これなら、私のお小遣いでも十分に買うことができます。
こんな良いものがあるのなら、早速購入したいと思ったところ、インドの製薬メーカーが作っているものなので、近所のドラッグストアでは購入できないそうです。
では、どこで購入できるのかと、インターネットで探していて見つけたのがベストケンコーという、海外医薬品の通販サイトで、ここなら個人輸入代行ということで、プロペシアのジェネリック医薬品も扱われていました。
インターネットは便利だとは思っていましたが、これほどその存在に感謝したことはありません。
まるでネットショッピングのように、海外のジェネリック医薬品が返るとは思いませんでした。
それに、インターネットで探したから、ベストケンコーのことを知ることができたわけです。
個人輸入といっても難しいことはありません。
ベストケンコーの通販サイトで欲しいものを探し、ショッピングカートにいてれて、注文すればいいだけです。
普通の通販サイトと、ほとんど変わるところはありません。