医薬品を輸入することは安全?危険?

一時期、猫アレルギーからか、喘息になりました。
治療はおおよそ3ヶ月以上かかり、毎週、診察と服薬が続きました。
そのとき、薬局に処方箋を持ち込むと、薬剤師さんから「ジェネリックでもいいですか?
お値段も安くなりますので」との営業がありました。
ジェネリック医薬品は名前だけしか知らなかったので、薬剤師さんに教えてもらいました。
後発医薬品と言われるものですが、特許が切れたものを製造、販売しているもので、国内ではまだまだ普及は少ないのですが、海外ではポピュラーなものだそうです。
メリットは安価に販売できるということですが、安かろう悪かろうの原則で、心配になりますが、効果もまず問題ないそうです。
でも、今まで喘息以外でも病院に行っては、薬を買っていましたが、なかなかジェネリック医薬品は勧められませんでした。
短期間の治療で終われば問題はないですが、服薬が長くなると、薬代もバカになりません。
しかも、薬をもらうためには処方箋が必要なケースもあり、忙しい方であれば通院することもできません。
簡単に安く、薬を購入できる方法があればと考え、調べて見ますと、海外からの医薬品の個人輸入代行業というものがありました。
先ほども言いましたが、ジェネリック医薬品は海外では大規模に流通しています。
そうすれば、必要なとき輸入できれば、安く、そして多忙な人でも薬を手にすることができます。
しかし、個人で海外から医薬品を買うのは、英語を駆使したり、決済をどうするのかなどを考える必要があります。
でも、あなたの代わりに必要な薬を海外から安く、輸入してくれる会社があれば便利と思いますよね。
それが、ベストケンコーという会社です。
大きく商売をしており、現在850種類以上の医薬品を取り扱っているそうです。
普通、大規模に商売していると、例えば配達に時間がかかるなど問題も多いと思われます。
しかも輸入です。
しかし、注文からおおよそ2週間で配達されます。
国内でも配達に2週間近くかかるものは多くあります。
それが海外からです。
非常にスピーディーな商売です。
そんなに早いとなると高価ではと心配になりますが、ベストケンコーでは仕入れから発送までを自前で完了できる体制を作っていますので、余計な費用転嫁がされず、安価に販売ができています。
でも、輸入商売では、実際届いてみると、不良品だったとか、偽物だったなど、騙された話しが多く、この会社も同じではと不安になります。
ベストケンコーで扱っている商品は、輸出国での成分検査を通過した正規品であるだけでなく、各国の公的機関により安全確認がされたものになっています。
もちろん、返品などのアスターフォローシステムもありますので、万一の場合でも大丈夫です。
注文は対面なしで、ネットからできますので、通常の薬局では買い辛い商品も頼めます。
薬代を削減したい方、お忙しい方、ちょっと他人に知られたくない薬を頼みたい方には、このベストケンコーがお勧めです。
是非、一度、ホームページを見て下さい。